小さいお店や片手間の副業としてネットショップで成功するための運営ノウハウを紹介

カラーミーショップでプラス10万円売り上げる為のネットショップ運営講座

商品を売る為のテクニック

アクセスはあるのに商品が売れない場合

投稿日:

商品によって違いますが、ざっくりした目安として、
「一個の商品を売るのに、100人のアクセスが必要」
と言われています。

もし、これ以上の大幅なアクセスがあるのに
『全く売れない』 という場合は、必ず理由があります。

もちろん、意味のあるキーワードでのアクセスであること前提です。
※参照(日記ブログでアクセスを集めても売上は増えない

また、「商品の値段が高い」というのは理由にしません。
値段で勝負しないのは小規模ショップの絶対条件ですから。

 

では、本題。

ネットショップの商品を見て、「これ欲しいな~」と思ったけど、
すぐに購入しなかった商品って無いですか?
私の場合は、「名刺」でした。

格好いいデザインの名刺が欲しかったんで、
検索して最初のページに出てきたネットショップを見ていたのですが、
【用紙の種類】がダラダラと書いてあります。

「OKマストポット?」
「レイナR??」
「ベストマット???」

何のことやら、さっぱりわかりません・・・

もちろん、簡単な解説はありましたが、
紙の質感を言葉で表現するのって難しいですよね。
私には全然ピンときませんでした。

で、断念。

ところが別の日、ぼーっとネットサーフィンをしていると、
たまたま、名刺の用紙サンプルを送ってくれるネットショップを発見!
さっそくサンプルを請求してみると、すぐにそのサンプル用紙が届きました。
一枚一枚、実際にサンプルを触り、質感を確かめてみて、
そのままサンプルを送ってくれたショップで注文完了です。

このように、アクセスがあるのに売れない場合は、
何か立ち止まる原因が必ずあります。
時には、メールや電話でその類の質問をしてくれるお客様もいるので、
よーく耳を傾けておきましょう。

でも、

「サンプルだけ請求して、もっと安い店で注文する客もいるんじゃないか?」って?
いいえ、大丈夫です。

  • 他のショップを見てみると、サンプルを送ってくれた所と
    ちょっと用紙の名前が違うけど、同じ用紙だろうか?という不安
  • サンプル資料をすぐに送ってくれた信頼感
  • こんなにコストを掛けてくれてという情
  • 今さら他のショップを探すのはめんどくさい

 

とまぁ、色々な要素があって
結果的には問題を解決したショップで注文してくれるパターンが多いです。
それに、お金を使わずに問題を解決してあげる方法だってあります。

例えば、さきほどの用紙の質感を説明する場合、

「お菓子のポッキーの外箱に使われている素材と同じ紙です」
「取締役の方がよく選ばれます」
「平社員の方がよく選ばれます」

といった感じの説明書きしてあげるのも良いいですよね。

頭をゼロにしてもう一度自分のショップを見直したり、
ズバッ!と言ってくれる第三者に素直な感想を聞いてみたり、
お客様がなぜ購入ボタンを押さないのか?
をじっくり考えてみましょう。

 

簡単&無料でお客が増える!小さいお店のホームページの作り方簡単&無料でお客が増える!小さいお店のホームページの作り方「カラーミーじゃ売れないのかな?・・・」「デザインはプロに頼むべきなのかな・・・」と悩んでいたら、ぜひ一度ご覧ください。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-商品を売る為のテクニック

Copyright© カラーミーショップでプラス10万円売り上げる為のネットショップ運営講座 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.