小さいお店や片手間の副業としてネットショップで成功するための運営ノウハウを紹介

カラーミーショップでプラス10万円売り上げる為のネットショップ運営講座

売上を上げたい時に参考になるオススメの本

商品の値段の付け方を母の日のカーネーションで学ぶ!

投稿日:

母の日の花「カーネーション」

昨日は「母の日」でした。
母の日と言ったら「カーネーション」ですよね?

さて、このカーネーション、
皆さんは一本の原価を知っていますか?

例年変動するので、決まった価格はないのですが、
今年の卸値は約50円だったそうです。

そして、この値段がお店に並ぶときはいくらになるのか?
ここが今回の記事のポイントです。

イオンショッピングモールでは、一本300円でした。
地元のスーパーでは、一本100円でした。

どちらも見た目では全く同じ。

一本のカーネーションに
母の日専用のビニールで軽くラッピングしてあるだけです。

どうしてこんなに価格に差があるのでしょうか?
理由は色々あります。

ただ一点言えるのは、
イオンの方が間違いなく儲かっている。

え?どうして?
安い方がたくさん売れるかもしれないじゃん!
って思う人もいるかもしれません。

その人は「誰が買うのか?」という視点が抜けていますね。

地元のスーパーへ来るお客さんの多くは、
花を受け取る側の主婦、つまり女性です。

花を渡す側の男性はイオンへ行く人が多いでしょね。

私もそうです。
子供が自分のお金でカーネーションを買うというので、
イオンへ連れていきました。

地元のスーパーの方が安いだろうとは思いましたが、
どうもスーパーで買うという行為がどこか手抜きしてるようで…

それに、イオンの方が色々種類もありそうな期待感もありますね。

数百円の為にイオンとスーパーを行き来するのも面倒ですから、
あまり深く考えず、イオンで買っちゃいます。

このように同じカーネーションでもターゲットや場所によっては、
値段を数倍にしても売れるんです。

売り上げを上げるには、
単価を上げるか?販売数を上げるか?しかありません。

だったら、少しでも単価は高い方がいいですよね?

ネットショップで販売する商品を値付けする際にも、
きっと参考にできるはずです。

多くの人がみんなと同じ土俵に立って、
安い値段を付けてしまいがちです。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-売上を上げたい時に参考になるオススメの本

Copyright© カラーミーショップでプラス10万円売り上げる為のネットショップ運営講座 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.