小さいお店や片手間の副業としてネットショップで成功するための運営ノウハウを紹介

カラーミーショップでプラス10万円売り上げる為のネットショップ運営講座

店舗・ネットショップ批評

ユニクロのセールが月曜日まで続く理由

投稿日:

ユニクロのチラシ

本来、セールは最も集客の見込める「日曜日」を最終日とすることが多い。
ところが、最近のユニクロのセールは、最終日が「月曜日」となっている。
これは、セール期間を延ばすことで「来客数の増加 → 売上増」となる
目論見だったようで、実際に功を奏したようだ。

実際、私もユニクロに行くのは「月曜日」にしている。
その理由は、日曜日のユニクロは人が多いから。
じっくり商品を見たいのに、商品棚の前に人がいてはそれも出来ないし、
レジが行列で並んでいるのも嫌。
これが月曜日だと、人も少なく、気さくに商品選びを楽しめる。

だが、このセールは本当に良策なのだろうか?

私には月に一度は必ず行く大好きなラーメン屋さんがある。
そのラーメン屋は、毎週水曜日を「お役様感謝デー」としており、
ラーメン一杯が300円と格安で食べることができる。
ところが、その日は値段に釣られたお客で、お店の前は大行列。
間違えてその日に行ってしまった場合、私は何も食べずに帰ってしまう。
なぜなら、「行列に並ぶくらいなら定価でゆっくり食べたい」という気持ちの方が強いから。

さて、話を戻して、ユニクロのセール。

たしかに人が少ない平日でも、セール価格で商品を購入できるのはありがたいが、
本来、定価で買うお客の利益まで失っていないだろうか?
私だって今までは、定価でユニクロの商品を購入していたのに・・・

まだユニクロのような大型企業なら、数を売ることで誤魔化せるかもしれないが、
ネットショップで利益を上げているような小さいお店では、
ニッチな商品がメインとなることも多く、販売数自体の底上げは難しい。
そこで、その少ない販売数の中でいかに利益を上げられるかが肝となる。

例えば、「新発売セール」と題した値引き販売を行っているショップがあるが、
実は値引きしなくても売れるのではないだろうか?
その商品に魅了があれば、お客さんも多少の価格は多めに見てくれる。

購買意欲のスイッチを押すためのセールだとすれば、
発売後一ヵ月後ぐらいにセールと題して値引きするほうが
良い結果を得られそうな気がします。

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-店舗・ネットショップ批評

Copyright© カラーミーショップでプラス10万円売り上げる為のネットショップ運営講座 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.